プロフィール


荻原松美(おぎはらまつみ)

 

長野県出身。国立音楽大学卒業。

大学在学中に「シエナ・ウインド・オーケストラ」のオーディションに合格し、入団。

その後、2人の打楽器奏者と2人のピアニストによる現代音楽ユニット「Ensemble nos mains」を結成。自主公演を行い、F.Donatoni作曲「CLOCHESⅢ」を日本初演。

 

オーケストラや打楽器アンサンブル、「劇団四季」「東京宝塚劇場」などのミュージカル、タレントのバックバンド等、クラッシック・パーカッションのみならず、ドラムセットやラテンパーカッションをも操るマルチ・プレーヤーとして、様々なコンサートやレコーディングに参加。

打楽器を上野信一、岡田知之、塚田靖、の各氏に師事。

 

現在、「シエナ・ウインド・オーケストラ」のティンパニ及び打楽器奏者。

他に、オーケストラのエキストラプレーヤーとして、また、上野信一&パーカッショングループ“PHONIX”のメンバーとしても活動。

長野県小諸高等学校非常勤講師。

尚美ミュージックカレッジ専門学校非常勤講師。

アメリカのマレットメーカーであるイノベイティブ・パーカッション、ドラムヘッドメーカーであるエバンスのエンドーサー。CANOPOS CONCERT SERIESの吹奏楽エンドーサー。

 

 


INNOVATIVE PERCUSSION

Artistsのページの名を連ねております